チケットアーティスト

横川 晴児

音楽監督・クラリネット

横川 晴児Seiji Yokokawa

東京都出身。クラリネットを浅井俊雄、細野孝興、ジャック・ランスロ、ユリス・ドゥレクリューズ、ワルター・ボイケンズ、ギィ・ドゥプリュ、室内楽をレーヌ・フラショー、ピエール・ピエルロの各氏に師事。1968年に渡仏、ルーアン音楽院、パリ国立高等音楽院をともにプルミエ・プリを得て卒業後、フランス国内で演奏活動を行う。帰国後東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者に就任、1986年にNHK交響楽団首席奏者に就任。

ソリストとしても、N響定期公演はじめ国内各地の主要オーケストラにおいて、外山雄三、尾高忠明、オトマール・スウィトナー、ヘルベルト・ブロムシュテット、ジャン・フルネ、フィリップ・アントルモン、アンドレイ・ボレイコ他、数多くの指揮者と共演するほか、国外でもBBCスコットランド交響楽団やKBS交響楽団などに招かれる。

室内楽の分野では、フランスのプラドにおけるカザルス・フェスティヴァルに招待されるなど、国内外において数々の音楽祭・演奏会で、アンリエット・ピュイグ=ロジェ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ピエール・ロラン=エマール、ヨーヨー・マ、レジス・パスキエ他、著名なソリストたちと共演している。2001年にはクラリネット奏者として名高いアルフレート・プリンツのピアノで、ブラームスのクラリネットソナタ集をBMGファンハウスよりリリース、「レコード芸術」誌で特選に選ばれた。また同時に行ったリサイタルも話題となる。2002年からは軽井沢国際音楽祭で音楽監督を務めている。2010年2月NHK交響楽団を定年により退職。2012年ピアニスト野平一郎と「フレンチ・サマー」をキングレコードよりリリース。

フランスのトゥーロン国際コンクール審査員(1991年・1997年)、ジュネーブ国際コンクール審査員(1997年)、アンリ・デュティユ国際作曲コンクール審査員(2004年)、カール・ニールセン国際コンクール審査員(2005年)等を務める。また、国内外でマスタークラスを行うなど後進の指導にあたるほか、近年は指揮者としても活動している。

1988年第2回グローバル音楽奨励賞受賞。2009年NHK交響楽団有馬賞受賞。作品に「Un Miroir cassé」、著書に「Les gammes et les doigtés」(Alphonse Leduc) がある。

元国立音楽大学客員教授、習志野シンフォニエッタ千葉芸術監督、トート音楽院学院長、ビュッフェ・グループ専属テスター、ダダリオ・ウッドウィンズ専属テスター、習志野文化ホール評議員。

小林 美恵

ヴァイオリン

小林 美恵Mie Kobayashi

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学を首席で卒業。在学中に安宅賞、福島賞を受賞。1990年、ロン=ティボー国際コンクールヴァイオリン部門で日本人として初めて優勝。以来、国内外で日本を代表するヴァイオリニストとして活躍。
これまでに、国内の主要オーケストラ、ハンガリー国立交響楽団、プラハ交響楽団のソリストとして、充実した演奏を高く評価された。2015年のデビュー25周年は2年間で6回の記念リサイタルを企画・好演。2018年からHakuju Hallにてヴァイオリンの魅力に迫る全6回のリサイタルシリーズを行っている。CDは「J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ(全曲)」等多数リリース。現在、昭和音楽大学客員教授。

小林美恵オフィシャル・ホームページ http://miekobayashi.com/

近藤 薫

ヴァイオリン

近藤 薫Kaoru Kondo

東京藝術大学をアカンサス賞を受賞して卒業後、同大学院修士課修了。在学中から国内の様々なオーケストラにゲスト・コンサートマスターとして出演する他、芸大派遣によりウィーン音楽大学の夏期講習会に参加し、アルバン・ベルク、アマデウス、ハーゲン等の弦楽四重奏団のメンバーに学び、室内楽の分野でも研鑽を積む。その他、イタリア、ドイツ、オーストリア、スペイン、中国、台湾などの各国においてソリスト、および、室内楽客演として演奏。
2004~10年、東京フィルハーモニー交響楽団第1ヴァイオリン・フォアシュピーラー。
2011年6月から九州交響楽団コンサートマスターに就任。これまでに水野佐知香、岡山 潔、松原勝也、ヴォルフガング・マルシュナー、海野義雄の各氏に師事。大幸財団、松尾 財団より奨学金を授与。現在、東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター。

山岸 努

ヴァイオリン

山岸 努Tsutomu Yamagishi

桐朋女子高等学校(共学)を経て、2008年同大学を卒業し卒業演奏会出演、卒業と同時にNHK交響楽団入団。第51回全日本音楽コンクール東京大会小学生の部、第54回同コンクール中学生の部、それぞれ入賞。第12回日本モーツァルト音楽コンクール第1位。大賞選考会で大賞受賞。国内主要音楽祭にて音楽賞受賞。
第9回千葉市芸術文化新人賞を受賞。現在は、 N響でのオーケストラ活動のかたわら、N響メンバーを中心とした各種室内楽や、ソロとして活躍中。

米田 有花

ヴァイオリン

米田 有花Yuka Yoneda

東京都出身。桐朋学園大学卒業、同大学研究科及び桐朋オーケストラアカデミー修了。
第56回 全日本学生音楽コンクール中学校の部 奨励賞。第7回 江藤俊哉バイオリンコンクール 第1位、受賞者演奏会にて日本フィルハーモニー交響楽団と共演。第18回 宝塚ベガ音楽コンクール弦楽器部門 第2位。
大学在学中には桐朋学園オーケストラ演奏会・オペラ公演にてコンサートマスターを務める。
桐朋学園大学卒業演奏会、第81回 読売新人演奏会出演。
これまでに石井志都子、故 田中千香士、堀正文、豊田弓乃、漆原啓子、篠崎史紀 各氏に師事。2019年5月よりNHK交響楽団第2ヴァイオリン奏者。

中村洋乃理

ヴィオラ

中村洋乃理Hironori Nakamura

岡山県笠岡市出身。愛知県立芸術大学を経て、東京藝術大学大学院研究科修士課程修了。第8回日本演奏家コンクール最高位受賞。2011年国際音楽祭「ヤング・プラハ」に招かれ、ヤング・プラハ・フェスティバル・カルテットとしてチェコ各地にて演奏。
2007年から2014年まで東京フィルハーモニー交響楽団フォアシュピーラーを務めた。2015年NHK交響楽団入団。現在、次席奏者。
パルテンツァ五重奏団、フューチャー・オーケストラ・クラシックス(旧ナガノチェンバーオーケストラ)首席奏者、横浜シンフォニエッタメンバー。
2019年より、BSテレ東「エンター・ザ・ミュージック」(毎週土曜8:30〜)の室内楽のコーナーにおいて「The 4 Players Tokyo」のメンバーとして定期的に出演している。

原 孝明

ヴィオラ

原 孝明Takaaki Hara

1971年、長野県松本市生まれ。
8歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始め、 佐々木衣子、百瀬佳子の両氏に師事。
1995年、立教大学文学部卒業。
1998年、東京藝術大学別科修了。
ヴィオラを白尾偕子、百武由紀の各氏に師事。
1996年、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。

宮坂 拡志

チェロ

宮坂 拡志Hiroshi Miyasaka

東京生まれ。4歳半よりチェロを始める。
桐朋女子高等学校(共学)音楽科を経て桐朋学園大学を卒業。その後N響アカデミー(1期生)を経て2007年にNHK交響楽団入団。
これまでにプロジェクトQ、小澤征爾音楽塾オペラプロジェクト、小澤征爾・ロストロポーヴィッチの各氏によるコンサートキャラバン、宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等に出演。
2010年アフィニス文化財団の海外研修員として国立ミュンヘン音楽大学へ留学。
今までにチェロを木越洋、堤剛、ウェン=シン・ヤンの各氏に師事。室内楽を故ゴールドベルク山根美代子に師事

吉田 秀

コントラバス

吉田 秀Shu Yoshida

1986年東京芸術大学音楽学部卒業。芸大フィルハーモニア首席奏者を経て1991年NHK交響楽団に入団。現在首席奏者を務める。
室内楽の分野ではオーギュスタン・デュメイ、ピンカス・ズッカーマン、ライナー・キュッヒル、ギドン・クレーメル、マリア・ジョアン・ピリス、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、マルタ・アルゲリッチ、ゲルハルト・オピッツ、カルミナ弦楽四重奏団、ベルリンフィルピアノ四重奏団、ターリッヒ弦楽四重奏団、メロス弦楽四重奏団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、モザイクカルテットなどと共演。
また東京シンフォニエッタ、いずみシンフォニエッタ大阪、紀尾井ホール室内管弦楽団、鎌倉ゾリステンなどのメンバーとしても活動。霧島国際音楽祭、宮崎国際音楽祭などに参加。東京芸術大学教授、東京音楽大学、相愛大学客員教授、沖縄県立芸術大学非常勤講師。
ディッタースドルフ、ヴァンハルのコンチェルトを含むCD『夢』、無伴奏コントラバス曲集『鳥の歌』をリリース。

宮崎 由美香

フルート

宮崎 由美香Yumika Miyazaki

東京藝術大学首席卒業。同大学大学院修了。在学中、アカンサス音楽賞受賞、第15回日本木管コンクール第2位。第12回日本フルート・コンベンション・コンクール第2位。第23回日本管打楽器コンクール第2位。皇居内桃華楽堂にて御前演奏。宮崎国際音楽祭、軽井沢国際音楽祭等にソリストとして出演の他、室内楽でも多数出演。NHK交響楽団アカデミー生として研鑽。これまでにフルートを村上成美、金昌国、中野富雄、パウル・マイゼンの各氏に師事。
クインテットアッシュメンバー。
これまでにソロでは、早川りさこ氏と「歌の本」のCDを、クインテットアッシュでは「ユモレスク」「プルチネルラ」「マメールロワ」の3枚のCDを出しており、「プルチネッラ」と「マメールロワ」の2枚は、『レコード芸術』で準特選盤に選出される等、高い評価を受けている。

菅原 恵子

ファゴット

菅原 恵子Keiko Sugawara

NHK交響楽団 ファゴット・コントラファゴット奏者
1982年、第16回民音室内楽コンクール(現東京国際音楽コンクール)第1位入賞。
1985年、第35回ミュンヘン国際音楽コンクール木管五重奏部門にてファイナリストとなる。
1986年、第3回日本管打楽器コンクール•ファゴット部門第3位入賞。
Fagottを山畑馨、岡崎耕治の両氏に師事。新星日本交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団を経て、1995年にNHK交響楽団に入団。
木管三重奏団「トリオ・サンクァンシュ」のメンバーとして、マイスター・ミュージックよりCDをリリース。アマチュアオーケストラ、室内合奏団などの指導にもたずさわっている。

今井 仁志

ホルン

今井 仁志Hitoshi Imai

東京学芸大学音楽科卒業。88年オーケストラ・アンサンブル金沢入団。
93年アフィニス夏期セミナー参加。D・クレヴェンジャー氏に師事。
94年ドイツに於いてKonzertarbeitwochen in Goslarに参加。期間中演奏会に出演。
96年アフィニス文化財団海外派遣制度により、ミュンヘン、R・シュトラウス音楽院に留学。
97年東京交響楽団首席奏者として入団。
99年NHK交響楽団に移籍。2013年11月より首席奏者。
ホルンを千葉馨、伊藤栄一、原田祝晃、E・ティルヴィリガーの各氏に師事。トウキョウ・ブラス・シンフォニー、金管5重奏団n-craft メンバー。桐朋学園音楽学部、 昭和音楽大学、武蔵野音楽大学非常勤講師

植松 透

ティンパニ・パーカッション

植松 透Toru Uematsu

NHK交響楽団首席ティンパニ奏者。東京都出身、国立音楽大学、同大学院を首席で修了。N響海外派遣員としてベルリンに留学。オーケストラ活動はもちろん、国内外の音楽祭・ワークショップに多数参加、ソリストとしてもN響と度々共演、一昨年はフィリップ・グラスのティンパニ協奏曲を共演しN響定期公演年間ベストソリストに選出される。また幼児と音楽の関わりを打楽器の視点から捉える研究も長年続けており、主宰する「たいこアンサンブル・トムトム」は全国の幼稚園や特別支援学校、被災地などで活動を展開、この経験をもとにティーチングアーティストとしてN響・九響・群響との共演、ピタゴラスイッチ、ムジカピッコリーノなどETVの教育番組にも数多く出演。現在は埼玉県ときがわ町の山あいを拠点に子どもたちとともに心に残る音楽作りを目指している。

鈴木 直樹

クラリネット&サキソフォーン

鈴木 直樹Naoki Suzuki

東京音楽大学付属高校卒。ジャズクラリネット奏者の伯父 鈴木章治の演奏を幼少時代から身近に聴きジャズに傾倒。スウィング・スタイルをバックボーンに、ソリストとして国内外の多くのコンサートに出演する他、自身のビッグバンド「スウィングエース・オーケストラ」を率いて、「神津善行の楽しい音楽会」はじめ多くのコンサートに出演。故 エディー・ヒギンズ氏、山下洋輔氏、等々、国内外のアーティストとの共演も多い。近年は、ジャズ・フェスの音楽監督はじめ、多くのコンサートのプロデューサーとしても活動。また、スタジオ・ミュージシャンとしてもクラリネット、サックス等マルチ・リード・プレイヤーとして多くの録音に携わっている。

尾尻 雅弘

パーカッション

熊本 比呂志Hiroshi Kumamoto

民族音楽、ロック、ジャズ、クラシックなどを基礎に、ジャンルを超えた演奏スタイルが魅力のハンドパーカッショニスト。2009年「山下洋輔solo&more」にレギュラーメンバーとして加入。また、自身のリーダー・バンドでは、固定観念にとらわれない演奏スタイルを活かし様々なライブシーンで活動。今までに、ピアノデュオ「Les Frères」CD、TBSアニメ「じょしらく」、TBSドラマ「MONSTER」等でレコーディング。手触りを感じさせるような音楽から、情熱の渦のような音楽まで、ジャンルを問わない音楽家たちと常に演奏活動を行っている。
国立音楽大学打楽器専攻卒業。山野楽器 講師。空手初段。

尾尻 雅弘

ギター

尾尻 雅弘Masahiro Ojiri

バークリー音楽大学にてジャズ・ギターを学び、その後マンハッタン音楽学校にてクラシカル・ギターをマヌエル・バルエコ氏に学ぶ。在学中、第5回GFA国際ギター・コンクール、第29回パリ国際ギター・コンクールにて第3位、及びアンドレス・セゴビア賞を受賞。1992年、日本フィルハーモニー交響楽団との『アランフェス協奏曲』で日本デビュー。
CDはポニー・キャニオン、オクタヴィア・レコードなどから多数リリース。近年、フルーティスト・槇本吉雄氏との3枚目となる南米アルバム『ブエノスアイレスの空』、軽井沢アマデウス・バンドのリーダーとして2枚目となるビートルズ・トリビュート・アルバム『ビートレリアナス』をリリースする。